南八ヶ岳+天狗岳を縦走! 2日目 2015.08.06

IMG_2516

こんにちは!

前回に引き続き、南八ヶ岳+天狗岳縦走の2日目です。今日はオーレン小屋から東天狗、最高峰西天狗と巡りそのまま尾根を使って唐沢鉱泉へ下山します。

※唐沢鉱泉からバスは出ていません。渋の湯から出ています。

  1. 出発
  2. 天狗岳
  3. 唐沢鉱泉
  4. 感想

1. 出発

IMG_2495

今朝から素晴らしい青空!今日も最高の登山日和となりそうです。朝5時半に朝食を食べ、6時13分に出発。2日目はコースタイム約4時間の軽い登山です。

IMG_2496

綺麗な草ですね。植物の名前も知っていたら面白いだろうなー。

IMG_2500

最初は緩やかだったのが少しづつ急になってきます。とはいえそんなにしんどくはない。あっという間に上に着きます。

IMG_2502

朝の山々はとても幻想的な雰囲気を醸し出しています。たいへん美しく見とれてしまいます。方向からして百名山の甲武信ヶ岳かな?

IMG_2509

反対の西側には遠くに御嶽山が見えます!標高が高い山は見つけやすいですね。この日、残りの行方不明者5人の捜索打ち切りが発表されたと帰宅後に聞きました。

IMG_2510

昨日も似たような小鳥を見ました。少し八ヶ岳の野鳥を調べてみたけど種類が多すぎて全然分かりませんでした(^_^;)

2. 天狗岳

IMG_2516

IMG_2520

根石岳というピークから天狗岳がよく見えました!

とくに西天狗がすごく立派な山で驚きました!これは一見の価値ありですよ!

IMG_2522

ここからの景色も良い。手前に緑の山々が広がり、その奥に霧に包まれた山々が広がる。

IMG_2525

東天狗もカッコイイ山。ピークは後ろ側です。

IMG_2529

東天狗の山頂から北の景色。この辺りが北八ヶ岳で南とは全く違う森に覆われた山々です。苔が有名みたい。中央左奥の少し高い山がおそらく百名山の蓼科山かな?方向と標高が北横岳とさほど変わらないので自信ありません。

IMG_2532

東天狗岳から20分かからないぐらいで西天狗岳山頂に到着!

IMG_2534

硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳と南八ヶ岳がよく見えます。こっちの方が好きだな。

IMG_2540

中央アルプスや北アルプス方面は蒸気がたくさん吹き出しているようで、まるで温泉街に見えます。そしてよく見ると、この写真中央上の雲が顔の形をしています 笑

IMG_2537

下山開始。少し岩場が続きますが、意外と降りやすいので楽しい。

IMG_2547

最後に南八ヶ岳の山々を見てお別れ。一番右からず~っと縦走して来ました。西天狗だけ入りきらなかったのが残念。しかし縦走はほんと楽しいです!達成感が違う。

IMG_2550

苔の緑が美しい道を下山していきます。この辺りは北八ヶ岳に含まれているのかもしれない。

IMG_2553

9時47分下山完了!あとは唐沢鉱泉に入って帰るだけ。と言いたいところですが、大きな勘違いをしていました。茅野駅までのバスは更に奥の渋の湯から出ていて、ここから出ているのは宿泊者用の送迎バスでした。しかしそれに気づかずに温泉に向かう…

3. 唐沢鉱泉

IMG_2555

秘湯唐沢鉱泉です。秘湯と言われるだけあってバスだと渋の湯から50分山道を歩いて来る必要があり、車でも舗装されていない道を進む必要があります。宿泊者は送迎車を予約すれば利用可能です。入浴料700円を支払い温泉へ。

IMG_2556

この時間だけあって貸し切り状態!誰もいないので一枚撮ってきました。良い雰囲気(´ー`)

泉質は二酸化炭素冷鉱泉という珍しい泉質。冷鉱泉というだけあって泉温は10度なので加温しています。2つの浴槽は片方は暑いお湯で、もう片方はぬるいお湯で長く入れます。2つの間にはおそらく加温なしの源泉で飲んでみると温泉の味がしました 笑

また硫黄泉とは書かれていませんでしたが、浴室に入るとほのかに硫黄の香りがしました。硫黄岳に近いだけありますね。

他にもサウナがあったり、左手には打たせ湯があるのですが非常に冷たくてほとんど打たれませんでした 笑

間違いに気づく

総合的にとても良い温泉でした!入浴後は談話室で休憩でき、バスの場所(あると思っている)を聞きに行く前にパンフレットに載っていないか見てみると宿泊者用の車しかないと気づく!

失敗したと焦るも一応聞いてみたら、たまたま送迎車が出てしかも空席があるのでサービス料1000円(宿泊者と同じ)を払えば乗せてもらえるとのこと!助かりました。感謝感謝です。

一応渋の湯から出るバスは11時半で1時間余っていたので間に合ったとは思いますが、入浴後にそれは嫌ですよね。本来は西天狗に着いたあと東天狗に引き返し、天狗の奥庭を通って渋の湯に行くべきでした。最終便は15時なので、硫黄岳山荘に泊まって翌日これに乗るのが楽で無難かな。

僕はこのあと茅野駅に着き、そこから青春18切符で松本に行き国宝松本城を観光し、松本から京都まで約7時間かけて電車で帰ることになります 笑。その話は次回に回したいと思います。

4. 感想

2日間縦走し、期待してた以上の素晴らしい山でした!どの山もとても立派で赤岳~横岳~硫黄岳の縦走は変化に富んだ素晴らしい縦走であり、日帰り赤岳ピストンだけではとても勿体無いと思います。

さらにそこから奥にある二百名山の天狗岳も、これまた想像以上の立派な山でした。ヤマレコを少し見た感じ、ここまでは行く人はあまりいないようです。そのまま続けて行けるので是非オススメしたいですね。

1泊2日のとても楽しい縦走でした。またどこか縦走しに行きたいな。といいつつ、この2日後には大峰山・山上ヶ岳に行ってきます。まぁこれは行者としてです。

以上南八ヶ岳+天狗岳縦走でした!それではまた!

(Visited 862 times, 1 visits today)