南八ヶ岳+天狗岳を縦走! 1日目 2015.08.05

IMG_2443

こんにちは!

今回は8月5日~6日と1泊2日で南八ヶ岳(赤岳~横岳~硫黄岳)と二百名山の天狗岳を縦走して来ました!この天狗岳という山は北八ヶ岳と南八ヶ岳を結ぶ位置にあるのですが、意外と知らない方も多いみたいで何の山だろう?と言っておられる方もいました。

こんな感じのルートです↓

1日目は南八ヶ岳を縦走しオーレン小屋泊。2日目は天狗岳を登り下山です。

※写真はクリックで拡大出来ます

  1. 出発
  2. 赤岳
  3. 横岳
  4. 硫黄岳
  5. オーレン小屋

1. 出発

IMG_2306

前日の夜に京都駅からさわやか信州号という登山口の美濃戸口まで直通のバスがでているのでこれに乗ります。片道8時間で4列シートの席でした。隣が空席で楽だったのでよく眠れました。

IMG_2308

時間通りに美濃戸口にある八ヶ岳山荘前に到着。あまり時間に余裕が無いのですぐに準備をして7時15分に出発!

IMG_2310

これが登山口。この先の赤岳山荘までは車で行けるのであまり登山口という感じはしませんね。最初の20分程は体が無酸素運動状態なのでゆっくりと歩き、その後ペースを上げて有酸素運動状態にしていきます。こうすると疲れ方が全然違います。

IMG_2311

林道とは言えさっそくとても綺麗な景色!朝の山の雰囲気ってすごく良いですよね。

IMG_2316

平日のど真ん中ですが、人気の山だけあって登山者は結構います。といっても混んだりはしないのでちょうどいい。

IMG_2317

心配だった天気もこの青空!数日前は一時雨マークだったので良かったですヽ(´ー`)ノ

IMG_2319

45分歩いて赤岳山荘に到着。林道で時間を短縮しておきます。

IMG_2320

綺麗なお花がたくさん咲いていました!

IMG_2331

北沢と南沢の分岐があり、今回は北沢を選択。北沢は川沿いを歩くコースで南沢は苔の多い緑豊かなコース。コースタイムだと15分しか変わらないので川沿いを歩くことにしました。

IMG_2340

綺麗な川です。とはいえ最近みたらい渓谷で滝や川を見たばかりなので横目に見ながら進んでいきます 笑

IMG_2352

9時22分、赤岳鉱泉到着!ようやく山が見えてきました。あれは横岳のようです。ここでは水が補給出来て飲んでみると凄く美味しかったです!また、この山小屋は夜ご飯にステーキが食べられることで有名で、さらにお風呂まである人気の山小屋です。

IMG_2355

次は行者小屋に向かいます。この辺りから傾斜が出てきました。

IMG_2361

行者小屋に到着。ここでも水を補給出来ます。ここで補給しておけばよかったと後で後悔…

IMG_2359

行者小屋にきてようやく大きな山が見えました!阿弥陀岳です。そして左には、、、

IMG_2364

最高峰の赤岳が!ガスってるけど大丈夫かな?

2. 赤岳

IMG_2367

いよいよ赤岳へ向かって文三郎尾根ルートに進みます。この尾根までがかなり急でハード!

IMG_2370

見下ろすと緑の美しい景色です。小さく見えるのが行者小屋。そしてガスが出てきましたが流れは早い。

IMG_2374

雲も画になりますね~

IMG_2383

赤岳は森林限界を超えて立派な岩山です。カッコイイ!

IMG_2397

階段地獄と急斜面を抜けるんですがかなりしんどいです。思わず「しんっど!(しんどい)」っと小さく叫んでしまう(~O~;)。分岐はすぐそこ!

IMG_2398

分岐からは手前に中山、奥に阿弥陀岳の素晴らしい眺め!時間があったら阿弥陀岳にも登ってみたかったです。

IMG_2402

小鳥もちょこちょこ見ました。詳しくないので名前は分からん。

IMG_2403

中山との分岐から赤岳へは岩登りになっていきます。素手で平気です。

IMG_2409.2

IMG_2421

そして11時33分に登頂!4時間20分ほどでした。心配だったガスも晴れて良い天気!

そして眺めはというと、、

IMG_2412

文句なしの素晴らしい景色!南アルプスが一望出来ます。富士山は見えませんでしたが満足!

IMG_2420

頂上すぐに赤岳頂上山荘がありました。良い場所にありますね。なお、このガスはすぐ晴れます。

3. 横岳

IMG_2427

山荘前のベンチで休憩。ここからも良い眺め。写真右側が横岳、中央右の台形が硫黄岳、そして中央さらに奥に2つ連なっているのが二百名山・天狗岳の西天狗と東天狗。あそこまで今回の縦走で目指します。

IMG_2433

さて横岳へ向けて出発。すぐ下に赤岳展望荘が見えています。横岳の山頂は奥の方にあって偽ピークがいくつもあります。

IMG_2443

振り返ると最高にカッコイイ赤岳の姿が!素晴らしい!

IMG_2446

横岳には花がいくつも咲いていました。なお名前は…(略)

IMG_2448

横岳への道は岩登りになっていてコース上で一番難易度が高い場所です。気をつけて進めばさほど心配ないでしょう。昨年行った大キレットを少し思い出しました。そしてここで水を飲みきってしまったことに気づく!2L持ってきたのにガブガブ飲み過ぎた…硫黄岳山荘で水が手に入るので、そこまでハイドレーションのチューブを絞り出して口の中を湿らせてしのぎます(^_^;)

IMG_2455

横岳に到着!なかなか楽しいコースです。喉が乾いているので先を急ぐ!

IMG_2456

硫黄岳がすぐ見えました!台形の形をした面白い山ですね。あの下に硫黄岳山荘があるはず…

IMG_2457

急ぎたいところですが危険な場所はゆっくり丁寧に進みます。そういえばヘルメットをしている人はほとんど見なかったです。槍や穂高ではほとんどの人が着けていました。

4. 硫黄岳

IMG_2462

ようやく硫黄岳山荘に到着!1L100円で水を購入。美味しい!助かりました。感謝感謝。

ちなみに後で泊まるオーレン小屋で仲良くなったおじさんが前日にここで宿泊したそうで、主人が麓で栽培した野菜を提供していてとても美味しい食事だったそうです。

今回の縦走では、お風呂と美味しい食事のオーレン小屋に泊まりたかったのでこちらで宿泊しませんでしたが、通常はここで泊まるのがオススメかな。

IMG_2461

さて硫黄岳に向けて出発!といっても目の前です 笑

IMG_2468

板状の石がたくさん積まれた道でした。割りと歩きやすかったです。

IMG_2469

IMG_2470

上に着いてようやく名前の由来が分かりました。こりゃ凄い。落ちたらヤバイな。

IMG_2477

そして山頂に到着!山頂はとても広い場所でした。ここから夏沢には向かわず、この奥に進んでオーレン小屋に向かいます。

5. オーレン小屋

IMG_2483

オーレン小屋に向かおうとすると、右手に明日向かう天狗岳が見えました。

IMG_2484

オーレン小屋は少し下った場所にあります。そのおかげで水が豊富に手に入るわけですね。

IMG_2487

左手には先ほど通過した横岳がしっかりと見れました。あの尾根を歩いてきたわけです。

IMG_2490

午後3時15分にオーレン小屋に到着!山小屋には午後3時、遅くとも4時には着いていなければいけません。

さっそくお目当ての檜風呂に入り、冷水シャワー(お湯は出ない)で全身を洗いました。普段から冷水シャワーしてるので大丈夫でしたが、山の水なのでかなり冷たいです。でも無いより全然マシ!

本日の宿泊者は単独行者は3人だけで、グループが多かったです。宿泊定員250名ですが空いていて全部で60人ほどでした。布団は1人1枚割り当てられていて快適です。同じ単独行のおじさんと仲良くなって喋っていました。奈良から車で来られたそうで驚き。いろんな話を聞けて面白かったです。

IMG_2493

夜は冷えるので暖炉を使ってました。この写真は翌日の朝撮ったのでイマイチですが、夜は山小屋らしい良い雰囲気でした。

夕食は小屋自慢の桜鍋(馬肉のすき焼き)と天ぷらがメインの豪華な食事でした!写真撮っておけばよかったな~。心配だった馬肉は臭みが全くなくて凄く美味しいので驚き!そして全部食べると結構な量でお腹いっぱいになりました。

夜になって小屋の裏から空を見上げると、雲の割れ目から天の川が見えました!尾根沿いの山小屋ならよく見れたかも?

そして9時に消灯となりぐっすりと眠ることが出来ました。明日は二百名山の天狗岳を目指します。

今回はここまで。それではまた!

続き投稿しました!→ こちら

(Visited 1,510 times, 1 visits today)