遭難対策に 「単独行遭難」 を読んで

IMG_1859

管理人のベアさんです。

今回は羽根田治さんの著書、「ドキュメント 単独行遭難」を読んでみました。以前言った通り、遭難対策として遭難者の体験談が知りたかったので手にとってみました。

内容

タイトルの通り、「単独行」をしていた人の遭難体験談となっています。7人の実際にあった記録が書かれており、どうして遭難が起こったのか、実際に遭難して彼らがどのような行動をとり何を思ったのかが詳細に記されていました。

単独行というのはグループ登山とはまた違った良さがありますが、その分リスクもあるということが分かります。特に滑落遭難では単独じゃなければ助かった可能性はかなり上がると思います。この本では単独行に焦点を当てたものとなっていました。

なぜ遭難するのかといった内容は登山雑誌でもよく見かけますが、遭難者の体験談はあまり目にしません。彼ら自身の体験談はとてもリアルで一気に読み終えてしまいます。

実際に読んで為になったことをまとめておきます。

  • 登山届の提出
  • こまめに地図で現在地を確認
  • レスキューシートのありがたさ
  • 水さえあれば長期間生きられる
  • 痛み止めがあるとよい
  • 遭難したら引き返し、沢を下らない

分かっているつもりの事が多いですが、実際に読んでみて再認識させられました。基本が大事だと思います。

感想

遭難というのは道を間違えるだけではなく滑落して発生するという事が認識不足でした。滑落すると大怪我を負ってしまいます。ファーストエイドキットに痛み止めを入れておこうと思いました。

彼らに共通した思い、それは自然に対する認識の甘さ。普段意識することのない死というものが身近に迫ったとき冷静になれるかが大切です。

もちろん遭難しないのが一番であり予防するのは当然ですが、こうして体験談を知っておくと冷静さや助かるかもしれないという希望を持てるかもしれません。

本の中でもある遭難者はとても冷静に対処されていました。それは経験からによるものでしたが、本を読むことでもある程度は糧になるのではないかと思います。

以上簡単な紹介でした。読み物としても十分惹きつけられるのでオススメです。

それではまた

(Visited 2,222 times, 1 visits today)