ST250E ブレーキパッド交換

IMG_0889

  1. 1万キロで交換
  2. 失敗
  3. 交換
  4. 感想

1. 1万キロで交換

IMG_0876

フロントディスクブレーキのパッドが、1万キロ走ると擦り減ってしまいました。ブレーキをかけるとキーキー鳴るようになり交換することにしました。写真左が古いパッドで、右が新しいパッドです。

パッドはデイトナのハイパーシンタードというタイプを選びました。このタイプは耐摩耗性に優れ、安定した性能を持つので、よくバイクに乗る人におすすめです。STはスポーツバイクじゃないのでこれでオッケー。初挑戦ですがやってみます。

2. 失敗

IMG_08752

まずはディスクブレーキを外します。赤い○で囲った2本をレンチで外せば取れます。ブラつくので下に箱を置いて載せてあげましょう。

IMG_0887

次にパッドを外すためにピンを抜くのですが、写真のRクリップが挟まっているのに気付かずに、ピンをレンチで回してしまい、クリップがぐにゃぐにゃに曲がってしまいました。それを取るのに一苦労したので注意しましょう。

先にクリップを引っ張って取り出しておくのが正解です。ピンはネジ式ではなく、クリップで抜けないようにしているだけでした。

IMG_0885

壊れたらホームセンターで買ってきましょう。サイズはこれです。

IMG_0888

使い方もよく見ておきましょう。一番奥まで差し込むと思い、悩んでいました 笑

3. 交換

IMG_0877

ピンを外すとパッドが取れます。こちらが古いパッドです。かなり減っています。

IMG_0878

新品はこちら。分厚いですね。

IMG_0881

ピストンが飛び出ています。飛び出たままだとパッドが入らないので押し戻す必要があります。押し戻しやすくするために掃除しておきましょう。しかし、手で押してもびくともしません。

IMG_0882

傷めないように古いブレーキパッドを挟み、その間にタイヤレバーを挟みこんで押し上げると簡単に戻せました。身近にあるもので代用しましょう。

IMG_0883

ここまで戻せばあとはパッドを入れるだけ。

IMG_0879

その前にブレーキパッドの裏面にパッドグリスを塗っておきましょう。ブレーキの鳴きを抑えてくれます。


IMG_0880

こっちにも塗っておきました。あとピンの表面にも塗っておきましょう。

IMG_0884

ちゃんとパッドが収まりました。パッドの間にはディスクが入るので開けておきます。

IMG_0887

ピンを差し込み、忘れずにRクリップで留めておきます。

IMG_0890

あとは元の位置に戻してボルトを締め直して終了!

ブレーキを数回握ればブレーキの感覚が戻ってきます。

4. 感想

初めてのパッド交換でしたが、Rクリップの失敗が無ければ簡単なものでした。オイル交換よりは手間がかかりますが、これなら今後も自分で交換しようと思います。

ブレーキの効きが良くなり、鳴きも無くなって大満足です!自分でメンテナンスすると達成感があるので是非挑戦してみてください。

それではまた!

(Visited 4,830 times, 2 visits today)

コメント

  1. 赤隼 より:

    ST 250とハヤブサに乗ってる者ですが、
    隼は、主にリッターバイクとのツーリングに使用して
    STは、通勤に使用してそのうちにサイドパニアケースを取り付ける
    予定なので勉強になり。

    あと、STに、ビキニカウルか、メーターバイザーも付けたい
    予定はありますかね?