京都一周トレイル40km走破!北山から西山まで 2015.09.21

IMG_3104

管理人のベアさんです。

止まっていた京都一周トレイルの続きに行ってきました。

以前の記事はこちらです↓

東山コース   

北山東コース 

今回は大原からゴールの西山コース・苔寺まで一気に40km歩いてきました!

  1. 北山東コース 残り
  2. 北山西コース
  3. 西山コース
  4. 仁左衛門の湯
  5. 感想

1.北山東コース 残り

IMG_3071

バスを使い大原着。7時10分に北山24番をスタート

最初の30分はウォーミングアップとしてゆっくり歩き、そこから徐々にペースを上げます。

10時間以上はかかると思うのでかなりペースは上げる予定。

北山東コースの残りは10kmです。

IMG_3072

良いハイキング日和です!

紅葉の時期はとても綺麗でしょうね。

IMG_3076

金毘羅山という小さい山の横を通り過ぎていきます。山道は水で濡れているので注意

IMG_3078

峠を超えると静原という小さな村に出ます。のどかな田舎の風景を味わえました。

IMG_3079

薬王坂という峠に入ります。急斜面が延々と続き過酷です。

ノンストップで一気に行ったのでキツかった 笑

IMG_3083

なんと野生の鹿に遭遇!

近づいてもさほど逃げず、バッチリ写真に収めることが出来ました。運が良いです。

IMG_3084

鞍馬寺の前を通り過ぎました。ここから鞍馬山に登り、貴船まで抜けることが出来ます。

昔登ったことがありますが良い場所です。源義経が天狗と修行した場所として有名ですね。

2.北山西コース

IMG_3086

IMG_3091

清流を横切り、美しいコスモスを横目に歩いていきます。

北山西コースは19.3kmのロングコースです。まだまだ始まったばかり 笑

IMG_3097

沢の池に到着。大きな池で、バーベキューしている人達がいました。焼き肉食べたい!

北山西コースは展望がほとんどなく、修行のようなコースです(~O~;)

ただ無心になって歩きました 笑

IMG_3098

友人もさすがにお疲れの様子です 笑

ちょうどこの辺りで20km程。たくさん歩いたのにまだ半分という現実に突き落とされる。

山道の40kmを舐めてはいけません(´Д⊂

IMG_3100

北山西コースも終盤にさしかかると、見所が増えてきました。

ブルーの美しい川をお目にかかれます。

3.西山コース

IMG_3107

ようやく西山コースに入りました。ラスト10.7kmの道のりです。

ここまで来るとテンションも上がり、ゴールまで行ける気になってきました!

IMG_3110

ここでも山を超えたりしながら進みます(車道)。保津川下りが見えますね。

IMG_3112

嵐山に入ってきました。この辺りは観光地なので登山客は全くいませんね 笑

客引き禁止の看板があるのに客引きしてくるおばさんに食い止められ時間をロス。

IMG_3114

有名な竹林の道です。ちなみに外国人はバンブーロードと呼ぶ

夜間にライトアップしている時期があるのでその時がオススメです。綺麗ですよ。

IMG_3120

渡月橋を渡ります。辺りが暗くなってきたので早めにゴールに着きたいところ。

あと少しです。

IMG_3121

この25番に注意!

これまで木の杭に設置されていたのに、ここはこんな感じでひっそりと設置されていて見逃しました。

IMG_3124

夕暮れになりました。山の中はかなり暗いのでヘッドライトを使います。

IMG_3137

終盤に山頂を周り一周してくる箇所があります。

スルーすることも出来ますが、ここまで来たからには向かうことに。

すぐ着くので安心して下さい。展望はこんな感じです↑。

IMG_3145

ついにゴールの51番に到着!

午後7時50分なので12時間40分かかりました。

ゴールといっても特に何もありません 笑。記念撮影をして終了!

4.仁左衛門の湯

写真を撮り忘れましたが、少し歩いた所にある温泉に向かいました。

仁左衛門の湯という天然温泉で、これが非常に良い泉質です!

ヌルヌルとして、源泉そのままの冷泉と、加熱した源泉の2種類に交互に入ることで長く入浴出来ました。

公式サイト→仁左衛門の湯

5.感想

一気に40km走破という無茶とも言えるロングコースです。

京都一周トレイルは本来途中で区切るものだと思いますが、何度も行くのが面倒なので一気に行くことにしました。

距離は長いですが、総標高差はそれほど無かったのが良かったです。

無事に京都一周トレイルを終え、京都の大きさを知ることが出来ました。どこに何があるのかといった事を知り、さらに京都を知ることが出来るのが一番のメリットだと思います。

以上京都一周トレイルでした!

(Visited 822 times, 1 visits today)