JINS CLASSIC TRADITION (調光レンズ)

DPP_0007

管理人のベアさんです。

今回は、JINS CLASSIC TRADITION (調光レンズ)を紹介します。

以下の順に見ていきます。

  1. 購入の動機
  2. デザイン
  3. 機能
  4. 感想

※画像はクリックで拡大できます。

購入の動機

DPP_0032

おしゃれなメガネが欲しいと思いJINSさんのCLASSICシリーズを購入することに決めました。

登山用にサングラスを持っていなかったことと、サングラスでは度が入っていないためせっかくの綺麗な景色がもったいないと思い、調光レンズを選択することで希望に合ったメガネを選ぶことが出来ました。

デザイン

正面から

DPP_0028

ウェリントン型のクラシックな雰囲気を漂わせます。

から

DPP_0009

サイドは細く仕上げられ、装飾がおしゃれです。

細かな点

DPP_0035

細部にもこだわっていますね。

機能

・紫外線カット

登山では標高が上がるにつれて紫外線が強くなります。雪山では反射によりさらに強くなります。

オプションの調光レンズでは紫外線を99%以上カットしてくれます。

・サングラス兼用

このレンズは紫外線量に応じてレンズが暗くなります。雪山で使用したところ、いつの間にか真っ黒になっていました。

使っている本人が気づかないうちに変化するほどで、視界は十分綺麗に見えます。

・軽量

非常に軽いです。日常的に使っていても問題ありません。

感想

DPP_0033

使ってみて非常に便利ですね。

雪山でまぶしいと感じることが無くなり、目の疲れも感じませんでした。

注意点としては、

  • 車内では調光機能は働かないということです。というのも車のガラスは紫外線を99%以上カットするため紫外線がメガネに当たらないからです。運転の際のまぶしさ対策には意味がありません。
  • 調光レンズには寿命がある。とはいえ使用頻度にもよるのですが、数年はもちます。十分だと思います。

といった点です。私は問題ないと判断しました。

価格はメガネ+レンズのセットで9900円(+税)、オプションの調光レンズが4000円(+税)です。

合計 15012円(税込)でした。

ClASSICシリーズは値段が他より高めですが、その分デザインが良いです。もちろん他のシリーズなら値段を抑えることも可能です。

以上でレビューを終わります。それではまた!

(Visited 1,929 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
広告(大)